読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アラサー高学歴ニートの軌跡

アラサー高学歴ニートが、日々の行動や考えを記すブログです。

引きこもりニートが、アウトロー採用に参加した話。

アウトロー採用

 今回の記事は、前回の記事の続きなので、未読の方は宜しければどうぞ。↓

 (※未読でも大丈夫です。)

 

 アラサー無職が、面接への積年の思いを語る。 - アラサー高学歴ニートの軌跡

 

 バイトを辞めた俺は、永遠に8月31日を繰り返しているかのような温い絶望の中を彷徨っていた。もちろん、宿題は手つかずのままである。

 

 そんなある日、twitterのタイムラインを見ていた俺は見るからに怪しげな文字列を発見した。

 

 「なに、アウトロー採用だと?一体何なんだろう。」

 

 気づいたときには ↓ のサイトに飛んでいた。

 

 

outlaw.so

 

 29歳までの就職経験のない若者対象

 

だと?

 

さらに、

 

 ESなし、

 

服装髪型自由

 

と来たか。

 

 「これは秒速で参加やろ。」

 

 俺は、説明会に予約した。

 

 実は、アウトロー採用のサイトを見るまで、アウトロー採用は高学歴かつ非常に優秀な人間が集まっているとの噂を耳にしていたため、無能な俺では肩身が狭かろうと尻込みしていたのは内緒だ。

 

 

 

 説明会当日。会場の目黒周辺は大雨に見舞われていた。それでも、参加者は100人を優に超えていただろう。俺が来た時には、会場はすでに満員近かった。

 

 説明会では、主催者の納富氏や若新氏がとても面白い話をしていたと思うが、内容は記憶の彼方に置き去りにしてしまった。

 

 お二方の説明の後、参加者同士でグループを作り、就活の問題点を話し合った。アウトロー採用には、どんな人が集まっていると思うか?についても話し合った。

 

 話し合った内容を、大勢の参加者の前でプレゼンする。プレゼンの大半は他の参加者に丸投げしたが、追加で俺が補足した。

 

 アウトロー採用には、

少し立ち止まって考える人が多いと思います。」

 

 思ったより大勢の参加者が、うなずいていた。

 

 説明会の終わりで、アウトロー採用に参加する人はサイボウズに登録してくださいとアナウンスがあった。

 

 「ん?サイボウズ?」

 

(※ 説明しよう。サイボウズとは、『グループチャットや掲示板、ファイル共有など、チーム運営に必要な機能がそろった「チームのためのグループウェア」です。すべて無料で利用できます。』サイボウズLiveより引用)

 

 俺は秒速で登録した。

 

 早速サイボウズ上で自己紹介が始まっていた。難関大学出身者がやはり多い。職歴持ちも結構いた。俺と同じようなニートや引きこもりも結構いたw

 

 

 俺も自己紹介を書いた。

 

大学卒業後、面接を受けるたび悉く祈っていただいたこと自宅警備業への熱心な取り組みニッポンの面接の問題点を語ったところ、いいねが10近く付いて少し驚いた。

 

 この自己紹介が新しい世界との出会いのきっかけになるとは、当時の俺には予測不可能だった。

 

続きはこちらです ↓

 

kougakurekineetnokiseki.hateblo.jp