アラサー高学歴ニートの軌跡

アラサー高学歴ニートが、日々の行動や考えを記すブログです。

Angel Beats!が刺さりまくったので、今更ながらレビューする。

最近、アニメ視聴を再開した藤浪サトルです。

 

今更ながら、Angel Beats!というアニメにかつてないほど感情揺さぶられまくって、その衝撃でブログ執筆も手が付かないくらいだったので、レビューします。

 

 

Angel Beats!は、2010年4月から6月まで放送されていたアニメです。丁度、鳩山首相から菅首相に政権交代した頃ですね。実に懐かしい。

 

あらすじ

 

報われない青春時代を送った者たちが、死後の世界にある高校で楽しい学園生活を送る過程で己の未練を晴らし、消滅(成仏)し、来世に生まれ変わる物語。


しかし、少女・ゆりをリーダーとする「死んだ世界戦線」のメンバーは、理不尽な人生を強いた神(運命)に抗うため、消滅を拒んでいた。メンバーたちは、学園の秩序を守る「天使」を敵とし、戦いに明け暮れる毎日を続けていた。


そこに、生前の記憶を失った少年・音無が登場する。音無は、戦線のメンバーと行動を共にしていくが、行く手に様々な困難や謎が立ちはだかる。

 

 

見どころ

 

・キャラたちの繰り広げるギャグや会話がとてつもなく面白い。中には、いきなり脱ぎ始めるキャラや、授業中に麻雀するキャラたちもいて、凄まじくカオス。

 

・ギャグとシリアス、感動がタイミングよく配置されていて、めちゃくちゃ感情を揺さぶられる。滅多に泣かない俺が何度も泣きかけ、実際に目から大量の汗、鼻からも大量の汗を分泌したこともあった。

 

・キャラのセリフが名言揃い。

 

・お互い小競り合いをしながらも、なんだかんだ助け合うところ。

 

・作中で流れる音楽がどれも大変素晴らしく、心が洗われる曲ばかり。

 

Angel Beats!が俺に刺さりまくった理由

 

1、通常の青春アニメでは、登場人物が1度目の青春を謳歌しています。だから、嫉妬してしまって、物語を今ひとつ楽しめませんでした。

 

しかし、基本的に、この世界の登場人物は皆、報われない青春を送ってきたものばかり。そのため、報われない青春を送ってきた俺は、登場人物にめちゃくちゃ共感できました。通常なら、青春は戻ってきません。にもかかわらず、この世界では登場人物たちが2度目の青春を謳歌しています。青春を謳歌するキャラに俺が感情移入し、俺自身が楽しい青春を追体験することで、凄まじいカタルシスを感じたことが大きな理由だと思います。

 

2、医学部を目指し猛勉強したり、他人のために自分の犠牲を厭わない主人公の音無を見て、自分の不甲斐なさを自覚した。同時に、俺も誰かのためにもっともっと頑張らねばならないし、もっと頑張れるはずと思ったから。

 

Angel Beats!を見て俺に訪れた変化

 

Angel Beats!を見て、俺の中の何かが目覚めたような気がする。物語を通して、自分の生きる意味や、本当の自分のやりたいこと、未練なく死ぬためには何をすべきなのか、などを考えてみようと思った。

 

俺からのメッセージ

 

青春の終わりなんて、明確な定義なんか存在しません。いつからだって、青春はやり直せます。

 

俺みたいに、ニートしたり引きこもってたり、鬱屈な日常を過ごしている人は、ぜひともAngel Beats!を見てください。あなたの人生が変わるきっかけになるかもしれません。現に、俺は自分が目覚めつつあるのを感じてます。

 

Angel Beats!は、ドコモアニメストアで見れます。

 

音楽が大変素晴らしく、感動しすぎて作業用BGMにならないくらいなので、サントラへのリンク貼っときます。