アラサー高学歴ニートの軌跡

アラサー高学歴ニートが、日々の行動や考えを記すブログです。

アニメ版「逆境無頼カイジ」ネタバレ&所感 船井坂井安藤編

アニメ版「逆境無頼カイジ」を完走したので、ネタバレ有りで色々考察していきます。今回は、人物編。

 

 

  

船井

 

限定じゃんけんで、カイジにあいこでのカード消費を持ちかけ星2個を奪い取った船井。関西弁を喋る、チャラくはないが如何にも軽薄なおっさん。でも、なかなかユニークで滑稽な人物である。ゲーム終盤で既に星を8個も集めているのに、カードシャッフルでイカサマを仕掛け更に星を増やそうとした。

 

あまりにも強欲すぎる。

 

カードが残り2枚なら、カード不足で困ってる奴にカードを売るなり譲ればいい。それでも星4個売れるし、船での借金を返しても最低200万は残る。常人なら、一刻も早く上に上がるはず。どうしても大金が必要という、切羽詰まった様子は微塵も感じられなかった。保身より、金が重要なのだろう。

 

結局、更なる大金を求めた船井はカイジにイカサマを見破られ、星を5個取られてしまった。

 

欲をかいて行動すると、足元をすくわれることになる。油断は禁物。

 

坂井

 

船井と同じく人を騙して星を稼いだものの、十分な星を稼いだらさっさと上に上がってしまった。自分の策が上手くいったら、更に策を考えることはせず、身を引いた。あの船では、星が十分集まったら、さっさと上に上がるのが一番ということを理解している。

 

船井と同じくリピーターである。白スーツを着用しており、一見めちゃくちゃお金持ちだ。わざわざエスポワールに乗船したのは何故だろうか?金持ちだけが参加出来る裏カジノで負けてしまい、財産を売り払っても借金が残ってしまったのだろう。他人の借金の連帯保証人になるほどお人好しでもバカでも無いはず。

 

白スーツを売らなかったのは、彼のプライドか。

 

安藤

 

2chをはじめとして、各所で物語きってのクズと評される安藤。確かに、星を得ようとして勝手に勝負し、結局負けたり(しかも2回)、古畑を唆してカイジを見捨てさせようとした。

 

確かに、クズだ。

 

信用に値する要素がゼロだし、自分の保身だけを考える自己中である。

 

ただ、カイジや古畑とは船で出会った赤の他人である。いくらカイジが「俺たち3人仲間だ」と言っても、カイジや古畑はともかく、安藤は赤の他人である。安藤から見れば、カイジや古畑は100パーセント信用できなかったのも事実。グループ結成していきなり勝負に走ったのは、あの状況を考えればまだ弁解の余地はあるだろう。

 

とはいえ、知り合ってすぐとはいえ、カイジに恩があるのは確かである。赤の他人ならば、助ける義理が無いと考えてもいい。それでもカイジには恩があるのだから、助ける義理は当然あるはず。恩人を見捨てて、自分(と古畑)だけ助かろうとしたのはやはりクズだ。